賃貸の敷金トラブルで困ってました…

皆さんこんにちは。当サイトを管理・運営していますロックと申します。

このサイトは、最近頻繁に被害が増えているという、賃貸の敷金トラブルに遭っている方のためのサイトです。

実は最近僕も、引っ越しの際に多額の敷金を要求されました。もともとの敷金は15万ほどだったのに、請求された金額は30万ほどでした。

とても悩んでいるときに、これからご紹介する「敷金返還マニュアル」の著者の方とお知り合いになることができ、その結果法外な請求金額を取り戻すことができたのです。

その方法とは、じつは…

続きはこちら
 

払う必要のない敷金とは?

じつは、今回の僕の例でもあったように、退去時に請求される部屋の清掃費用や、鍵の付け替えにかかる費用などというのは、「借主がしはらう費用ではなく、貸主がしはらう」べき費用なのです。

この内容は、今回のトラブルで私がおせわになった、敷金返還代行サービスの方が、敷金返還トラブルの被害者の方にむけて書かれた、無料のレポートに詳しく書かれていたので、間違いない情報です。しかしこの程度の根拠をもとに交渉を開始しても相手もプロなのでなかなか簡単にはいかないでしょう。

そこで、まずはもっと細かい情報を入手するために、先ほど紹介した無料レポートを読んでみてはいかがでしょうか?あなたのケースが今回の私のケースのように、交渉をした方がいいのか知ることができますし、更に専門的な知識を学ぶこともできます。

よろしければ、「敷金返還トラブル一発解消テクニック」というホームページに行って頂き、中ほどか最下にある 無料レポートはこちら のリンクから、無料の資料を請求してみてください。

続きはこちら

無料のe-bookは参考になりましたか?

まえの記事で参考になると紹介をした、無料のe-bookは、見ていただきましたか?

これをみていただければ、自分がどれくらい敷金を払いすぎているのかとか、知りたいことがたくさんわかって参考になりますよねー。僕はじつは有料のサービスにも加入したのですが、こちらもずいぶんとためになりましたよー。

インターネットでこのようなサービスに申し込むのは抵抗があったのですが、誠意のある方だったのでスムースにお取引できました。おかげで払いすぎた敷金を返金してもらうのにも、そんな時間もかからずにできましたし、戻ってきた金額にも大満足でした。

もしよろしければ、あなたも検討してみてはいかがでしょうか?
勝負はやいと思いますよ。

購入に関して何か質問などございましたら、僕もお答えできる内容でしたら返事いたします。
質問はお気軽にどうぞ。

質問はこちらからどうぞ


次回は、ほかの有料情報との比較をしてみますねー。

続きはこちら

心配な敷金にまつわる恐ろしいお話

皆さん、本当に敷金は、大切に家を使っていれば戻って来ると思うのですか?

僕の場合だけでなく、様々な敷金トラブルが、世の中ではひんぱんに起こっている事実をご存知でしょうか?

なぜ、僕を含め多額の敷金の請求が当然のようにされ、日々新しい敷金トラブルを生み出しているのかご存知でしょうか?

これには、根本的に敷金トラブルがなくならない理由があるからなのです。

じつは、敷金請求トラブルで、敷金を返還しなければならない事例は山のようにあるのですが、貸主側が水増しをしてそれが仮にばれたとしても、犯罪として取り締まれないからなのです。

だから、大半の不動産業者は、全てを承知の上で、何も知らない私達に、多額の敷金を請求してくるのです。

(余談ですが 敷金ゼロ というような物件がありますが、これもじつは注意が必要です。敷金を取れないようなワケありの物件であることが多いからです。普通はもらえるものは貰いますよねー。用心した方がいいですよ…。)

つかまらないのなら、やってしまう。あたりまえのことですよね。ばれなきゃ大丈夫、ではなくってばれても謝ればすんじゃうんですから。

きちんと法律でこのような事例を取り締まれるようにしてもらわないと本当に恐いですよねー。

クリーニング費用や、壁紙の張替え費用を少し水増し請求するなんていうのは、素人にはわからないですし、ある意味スーパーで売っているものの値段のつけ方と同じで、定価があってないようなものなんだから、自衛しにくいですよね。

しかし、それらの費用が、実は本来支払う必要のないお金であって、それを請求されてしまっている事実についても取り締まりできないなんて、ひどいですよねー。

とはいえ、現状では借主である私達が、正しい知識をもって、貸主側に立ち向かわなければ、確実に敷金を払いすぎてしまうといっても過言ではないのではないように思うのです。

それほどたくさんの敷金トラブルが起こっているのです。

今ならまだ間に合います。是非僕のおすすめするマニュアルで大切な敷金を守ってください。

無料冊子も貰っていないあなたは、まずこちらを読んでみてください。無料でもきっと役に立つと思いますよ。

既にずいぶん前に支払ってしまった方でも、敷金返還できますよ。次回は明るいお話です。

続きはこちら

敷金を取り返せるのはいつまでなの?

もう既に敷金を支払ってしまってから、僕のブログに来てくれた方がほとんどだと思います。

ご心配は要りません。当然既に支払ってしまった敷金も取り戻せます。

安心してください。支払った証拠となる領収書などがあれば、敷金返還請求の時効が来ていなければ、返還請求することが可能なのです。

ではその時効はというと、なんと5年間もあるのです。あなたの敷金も帰ってきますよねー。

あとは、僕のおすすめしてきた、敷金返還マニュアルに沿って、返還手続きを進めていくだけです。

簡単ですねー。難しい内容証明文書はなんと代筆していただけるので、あなたはポストに投函するだけで良いんですよー。

さらに、このアニュアルのすごいところは、敷金が戻ってくるまで、ずっとメールでプロに相談してもらうことができるので、もしトラブルになっても最後まで面倒見てもらうことができるのです。

また、これもこの敷金返還マニュアルの素晴らしい点なのですが、このマニュアルを使用して、敷金の返還が受けられなかった場合や効果がなかった場合は、マニュアル代を返してもらうことができるのです。

他のマニュアルでは、自分で作業しなければならないので最後までやり遂げられるか心配でした。

でも、このように手厚いサービスの付いたマニュアルだったからこそ、次の引っ越しが忙しく、あまり時間のない僕にも敷金返還ができたと今から考えると、このマニュアルを選んで正解でした。

質問はこちらからどうぞ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。